横浜市鶴見区でクチコミ件数NO1の鶴見はりきゅう治療院

鶴見はりきゅう治療院


スポーツ障害の治療について

スポーツ障害の症状とは

野球少年写真

スポーツをしていると、気をつけていても怪我をしてしまうことがあります。その中でも、スポーツの動きの繰り返しで骨や筋肉、靭帯などが酷使されることによって起こる怪我をスポーツ障害といいます。野球肘やテニス肘、ランナー膝といった症状が代表的な例です。

日常的に運動をしている方は特に、以下のような症状で悩んでいないでしょうか。

  • 肉離れで歩くことができない
  • 捻挫で歩くことができない
  • 打撲したところが痛い
  • ボールを投げると肩が痛い
  • 痛みでスポーツができない

怪我で練習や競技に支障が出てしまうと、記録を更新できないかもしれない、レギュラーに入れないかもしれないなど、気持ちばかりが焦ってしまうかもしれません。

早期治療により早く試合にも出られるようになります

一度怪我をしてしまうと、しばらくは元のように練習や競技ができず不安になってしまうかもしれません。ですが、スポーツ障害はしっかりと治療をすることで怪我を早く治すことができ、より早くスポーツに復帰することができるようになります。

また、怪我をしたからといって何もできなくなってしまうわけではありません。怪我をしていても、関節や筋肉をテープで固定するテーピングを適切に行うことで、試合に出ることもできます。

他の整体院や整骨院、もしくは病院の整形外科に通ってもなかなか身体の痛みや違和感がとれないという方は一度当院へご相談ください。

さらに、当院では怪我が再発しないようにするためのストレッチや、より競技パフォーマンスが上がるトレーニング方法などを患者さまにお伝えしています。怪我をしてしまったその後も、充実した競技生活を送ることができるようにしていきましょう。

どうしてスポーツ障害が起きてしまうのか

スポーツ障害の原因は使いすぎ

スポーツ障害になってしまう原因の一つは、練習の量が多過ぎることです。練習で身体を使い負荷を与えすぎたことによって疲労がたまり、怪我につながってしまうのです。そのため、スポーツ障害は別名「使い過ぎ症候群」とも呼ばれています。

症状には、スポーツが通常通りにできてもその後に痛みが出るという程度の軽いものから、腱や靭帯が切れてしまう重いものまであります。外傷の程度や体の状態にもよりますが、テーピングで関節や筋肉をしっかりと固定することで、怪我をしていても試合に出られることもあります。

ただ、ひどくなると日常生活に影響がでるだけでなく手術が必要になる場合もあるため、必ず自己判断ではなく当院のような専門院にご相談ください。

鶴見はりきゅう治療院は多くのトップアスリートを治療しています

スポーツ障害の治療では、なるべく早く体の疲れが取れるように、マッサージクリームを使ってマッサージを行っていきます。また、必要に応じてテーピングで関節や筋肉を固定したり、より良い競技パフォーマンスをすることができるように、ストレッチなども行います。

当院は現在まで数多くのトップアスリートの怪我を治療し、競技に復帰できるように導いてきました。また、全国をまわり、トレーナーとして選手が最高の状態で競技をできるようにケアをし続けています。箱根駅伝の選手のサポートをした経験もあります。怪我やスポーツ障害でお悩みの方は、ぜひ経験豊富な当院までご相談ください。

スポーツ障害が改善した患者さまの声・口コミ

どこの治療院に行っても治らなかった膝の痛みが、一回の治療で激減しました

神奈川県横浜市鶴見区にお住まいのO.T様(23歳/会社員)

どこの治療院に行っても治らなかった膝の痛みが、一回の治療で激減しました。

数か月走れなかった膝の痛みが消えて、今は快調に練習できています。

本当にありがとうございました。
 

本当に治るのと不安なあなたにお得なキャンペーンをご用意

ホームページ限定割引 ご予約の際に「ホームページを見ました」とお伝えください

返金保証

スマホの方はタップで電話が繋がります 045-504-8052

鶴見はりきゅう治療院のご案内

住      所:
〒230-0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5-9-7
フローラハイツ101
アクセス:
京急本線花月園前駅から徒歩1分
JR鶴見線国道駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
045-504-8052
営業時間:
10:00~20:00
(※最終受付19:00)
休業日:
祭日 不定休
(※お知らせBOXにて更新しています)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ