横浜市鶴見区でクチコミ件数NO1の鍼灸院

鶴見はりきゅう治療院


眼精疲労の治療について

眼精疲労による目のかすみや疲れに悩んでいる方へ

眼精疲労の症状に悩む女性

  • 眼科の検査でドライアイだと言われたことがある
  • 夕方になると目がかすんで作業に集中できない
  • 眼の乾燥がひどく、目薬が手放せない
  • 慢性の肩こりや頭痛に悩まされている
  • 眼鏡やコンタクトレンズの度数が合わなくなってきた

現代人の生活は、パソコンやスマホ捜査等で目を酷使することが非常に多くなっています。眼精疲労の解消法やサプリメントも多数紹介されていますが、期待したような効果が得られないものも珍しくありません。マッサージ店やリラクゼーションサロンも効果が長続きしないので、結局通うのをやめてしまったというのもよく聞く話です。

眼精疲労を「ただの疲れ目だから」「寝れば治るから」と甘く見るのは禁物です。症状が進むと生活に支障をきたすだけでなく、視力低下や吐き気、頭痛等を引き起こすきっかけにもなります。横浜市鶴見区にある当院ならば、原因をきちんと解明して、お悩みを解決まで導きます。

眼精疲労を改善してクリアな視界と快適な生活を手に入れましょう

鍼施術で筋肉の深いところへ刺激をあたえて改善します

眼の神経や周辺を活性化してくれるツボは、首に集中しています。鶴見はりきゅう治療院では、直接ツボや首の筋肉に作用する鍼灸施術を行っています。インナーマッスルと呼ばれる筋肉の深いところは、手技ではなかなか届きません。その点、鍼を使った施術ならばダイレクトに刺激を与えられるので、効き目の早さが違うのです。

施術を受けたお客様の中には「施術直後から視界が広がって、周りが明るく見えた」という方もいらっしゃいます。持続性も非常に高いので、今まで色々試してみても効果が長続きしないで困っていた方にも自信を持っておすすめできます。

視覚が人生に与える影響ははかり知れないものです。疲れを感じないクリアな視界を手に入れて、快適な生活を取り戻しましょう。

眼精疲労の原因は意外な部位に潜んでいます

長時間のデスクワークも原因になります

眼精疲労の最も大きな原因として挙げられるのは、筋肉のコリによる血行不良です。先にもご紹介したように、眼に関するツボは首周りに集中しています。つまり肩こりや骨盤の歪みにより首回りが血行不良に陥ることで、眼の機能低下を引き起こすとも言えるのです。

人間の身体は、さまざまな部位が複雑に作用しあっています。お客様も気づかないような部位の不調が、眼精疲労の根本原因だったということも珍しくありません。

眼や首回りは、運動不足や長時間のデスクワーク、良くない姿勢、ストレス等の影響を受けやすいものです。目がかすむというと高齢者特有のものだと思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

デジタル機器を多用する若い世代こそ、眼を酷使することが多いのです。早めに根本原因を取り除いて、全身のバランスを整えるのが症状改善の第一歩です。

眼精疲労を根本改善するため一人ひとりの症状に最適な施術を行ないます

眼精疲労に効果の高い施術を体験してください

鶴見はりきゅう治療院は花月園駅から徒歩一分という抜群の立地に位置する、横浜市でも有数の人気を誇る治療院です。多くの有名アスリートからも高い信頼を得ている、完全オーダーメイド施術をぜひ体感してみてください。

施術効果をより高めるためのセルフケアの指導にも力を入れています。お客様のペースやライフスタイルに合わせて進めていきますので、初めての方も安心です。

地域では珍しい土日の施術も受け付けています。他院で効果が感じられなかったお客様も大歓迎です。つらい眼精疲労を克服して快適な毎日を取り戻すサポートなら、鶴見はりきゅう治療院におまかせください。

眼精疲労が改善したお客様の声・口コミ

先生に治療してもらうと頭痛が無くなります。

東京都品川区にお住まいのM・S様(61歳/会社社長)

いつも最後に目のツボをしっかり押してもらうと頭全体に血流が回る感じがして大変気持がいいです。

本当に治るのと不安なあなたにお得なキャンペーンをご用意

ホームページ限定割引 ご予約の際に「ホームページを見ました」とお伝えください

返金保証

スマホの方はタップで電話が繋がります 045-504-8052

鶴見はりきゅう治療院のご案内

住      所:
〒230-0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5-9-7
フローラハイツ101
アクセス:
京急本線花月園前駅から徒歩1分
JR鶴見線国道駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
045-504-8052
営業時間:
10:00~20:00
(※最終受付19:00)
休業日:
祭日 不定休
(※お知らせBOXにて更新しています)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ